まだ使える製品と、取り扱うものは一人ひとりだという断捨離

断捨離は、まだ使える一品と、扱うものは個々人という見解をするらしい。
なので、ちょい払えるものであっても、現時点つかっていないものは、捨てて嬉しいらしき。
わたしは今日、スリッパと、扇風機と、腕立てのバーを捨てよう。使ってないから。
使える一品ばかりだけれど、ときめかないし、ホコリまみれだし、これからも使わない。
こういう3つを投げ棄てたら、自分が変われるかなあ。ちょい断捨離はしなくてはならない。
広間にガラクタが多すぎるのだ。わたし。スリッパだって一環500円したし、扇風機は2000円だったし
腕立てのプッシュバーも2000円ぐらいしたけれど、使ってないので思い切って振り捨てる。
買った時点でとうに魅力だったのだ。なぞ歯がゆい。買っても使わない自分がうらめしい。
元手、無性にもったいなさすぎるじゃないか。それだけで4500円もの元手を置き忘れることになるんだよ。
おや、うらめしいなあ。でも、4500円。買った総計が惜しくて捨てられない。
でも、初めて、断捨離の公式を読んで、譲ることに決める。
いままであることにすら気がついてなかったけれど、ホコリにまみれてあるのが当然のような
気持ちになっていたよ。漢生爽楽 ドラッグストア