人は自分が何かをやらなくてはいけないのだけど何をやったらさっぱりわからないときは困ってしまいます

人は自分が何かをやらなくてはいけないのだけど何をやったらさっぱりわからないときは困ってしまいます。
私はこのような状態に何度もなったことがあります。
そのような状態に私がなったときは私が中学校に上がりそこで中間テスト前に何をどう勉強していいのかが全くわからず、結局何もテスト勉強しないでテストを受け、散々な点数をとることになりました。
ただ、全く勉強をしなくても国語も数学も英語も兎に角全ての点数は学年の平均点は超えていたのには私は驚きました。私はそのとき、自分は勉強など全くしなくとも人並みの点数は取れる人間だと言うことに気がついたのです。しかし、私のとった点数では恐らくは親の行って欲しいと思う高校には行けないことはわかっていたので、とりあえず、期末試験に向けて試験勉強するときは教科書の試験範囲を全て勉強しなおしました。
その結果ある程度の成績はとることができました。中学の一学期の私の通信簿の評価は5段階評価の4をもらうことができました。すっぽん小町 解約