ガラケーから鳴る着メロがずっとラスト・クリスマス

私の会社では、いまだに会社から支給される携帯電話は折りたたみ式のガラケーです。
まあ、緊急時の電話ができればよいという感じなので、あえてスマホを持つ必要もないかもしれません。
重要な顧客情報や業務ツールは、社内のイントラネットからでしかアクセスができないようになっています。
なので、あまりスマホを持っていても意味がないという部分もあります。
会社の人のほとんどはガラケーを携帯しているですが、それぞれが設定している着メロというのが面白かったりします。
そういえば、プライベートで使うスマホでは、いつからか着メロなんて使用しなくなりました。
しかし、業務用の携帯ではあの懐かしいサウンドが健在なのです。
私の上司の携帯は、以前からずっと着信音がラスト・クリスマスです。
夏だろうが、取引先からの連絡だろうがなんだろうが、電話がかかってくればラスト・クリスマスが流れてきます。
どうしてこの選曲なのかちょっと気になっていたのですが、誰もその理由を聞いたことがありません。
でも、なんだか妙に明るくて間の抜けた感じというのは、機械的なベルの音よりは癒されるような気がします。
でも、あの曲って、確かちょっとさみしい歌詞だった気がするのですが、そこは気にしないようにしようと思います。

専業主婦がお金を貯めてゴージャスにランチするのは贅沢?

専業主婦がよくやり玉にあげられるのは、ママ友とのランチですね。
サラリーマンがワンコインでランチを済ませているのに、専業主婦は1000円超えのランチを優雅に楽しんだりして贅沢だなあと。
でもね、よくよく考えてみてください。
サラリーマンは毎日外食しているんです(弁当持参している人は除いて)
専業主婦、1000円超えのランチを毎日楽しんでいる人なんてどれだけいるでしょうか。
アンケート結果なんか見ると、ほとんどの人が月に1〜2回程度しか外食ランチしていません。
以前どこかの記事で見かけたんですが、妻が友人と1万円以上するランチをしていて困るという男性の相談。
よくよく確認すると、その奥様、毎月節約に励んでランチのために1000円ずつ貯金していたそうなんです。
で、目標の金額が貯まったので、友人と念願のランチに行ったのだとか。
・・・専業主婦が節約して貯めたお金でランチするのすら叩かれるご時世なのでしょうか。
まあ本来、どのようなライフスタイルをしていようが、人に迷惑がかかっていなければ文句言われる筋合いないと思うんですけどね。
だったらサラリーマンも、毎日500円ランチなんて贅沢だから、弁当持って行けって叩かれたらどうでしょう。考えてほしいものです。歯ぎしりサプリ